face book ページも更新中! https://www.facebook.com/taisukem1

twitterも更新中! https://twitter.com/marutai_nara

2017年11月15日水曜日

BRC不定期レースイベントレポート


レポートが遅くなってしまいましたが先週末の11月12日に開催されたイベントレポートです。
レースレポートはあくまで自分視点ということで次の記事かな?
イベントレポートはイベントのレポートということで

まぁ細かな言葉の定義は置いといて

先ずは近場から遠方まで参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!
今回の総エントリーは20名でしたが、助手の方も駆けつけてくれ人数以上に活気のあるレースとなりました!

更には今回協賛いただいた、京商(株)様、(株)タバタ様におかれましては感謝の意を表したいと思います。
特にレース直前にタイヤの打ち合わせを何度も繰り替えした山下様には感謝しきれません

最後に、実況のご協力をお願いした富岡様、小島氏
そして事前の準備に大変な苦労をおかけしたBRCサーキットの皆様、本当にありがとうございました!

今回のイベントは上記様々な人のご協力の上に成立したと思っています。
改めてお礼申し上げます。


リザルトに関してはBRCサーキットブログに掲載されますが
マニアックで詳細なレポートはこっちに書こうと思いますw

抜けるような快晴! 日中の気温は20度程度

今回は運営もしていて、自分のマシンの準備もありサーキットには6時半に着いていました
その時は5度でしたがw

今回の推奨タイヤとしてエンジンツーリングはソフトBタイプ、電動ツーリングはスーパーソフトAタイプを選びましたが、タイヤの温度域となる気温になったことに一安心です。
暑くなったらどうしようとか思ってましたw

エンジンツーリング予選

予選のフォーマットは5分間でのベストラップ方式

このフォーマットにはBRC社長のこだわりで実車のレースではベストラップ予選だからというものです。
結果的にはタイムが拮抗し1/100秒台で順位が入れ替わるという熱い予選になっております。

トップのみ16秒台に突入し、ちょっと異次元な感じです
前日練習の1タンク目から好調でそのまま順調に仕上がり、そのままポールポジションというサスガな感じでした
トップは頭抜けていますが、2~5位まではほぼ0.1秒以内にひしめき合っています

前日練習なしの青木選手もキッチリAメインタイムを叩き出すあたりサスガですね

電動ツーリング予選

予選フォーマットは5分周回予選

今回はBRCサーキットでの初の試みということで5分周回予選としました。
常連さんからはどう見るの?と聞かれたりしましたが

ワンツーが1秒差でここも拮抗していますね

最下位の丸山選手は
1回目:リアダンパー取れる
2回目:フロントプーリー外れる
というまったく準備不足な模様w

運営に支障をきたさないようにAメインを狙っていた(勝ち上がりレースに出る時間がない!)GPと違い、全員決勝のEPは気楽です

GPツーリングCメイン

10分間の周回レース
序盤は富岡選手&本房選手-市村選手&鶴田選手のワンパックで走行
富岡選手がミスをしている間に本房選手は淡々と走り切りそのままチェッカー
勝ち上がりは本房選手、富岡選手、市村選手となりました。


GPツーリングBメイン


10分間の周回レース

勝ち上がり争いという意味では一番激戦的なレースでした
動画が上がると共有しますが、スタートから混乱が無く数週まで全車トレイン状態で序盤は消化していきます
レースが動いたのは2分過ぎ、後続車をジリジリと引き離し始めていた田村選手が他車と絡むクラッシュ、ここで10秒近くタイムロスし一気に7番手まで後退します

Bメインギャップチャート

田村選手が先頭争いを離脱したタイミングが10週のちょっと前ぐらい
ギャップチャートを見て分かる通り上位3~4選手がほぼギャップ無しで中盤以降まで争っていることが分かります。
給油後に数秒差でバラツいているもののワンミスで順位が変わるぐらいの差でレースは進行しますが、伏本(一)選手のペースが良くレース中盤から後半にかけては誰も寄せ付けないペースで走っています。唯一追い上げの田村選手のみそれより速いペースで走っている状況
終盤、伏本(一)選手のミスか?1~3位の間隔がほぼ無い中チェッカー
1~5位が同一周回という勝ち上がりが激化したレースでした

レース前はマッタリモードだったんですが!

GPツーリングAメイン

20分周回レース

BRCサーキット常連の進藤選手による劇的な勝利となりました!おめでとうございます!

レース開始は15時過ぎで気温が下がってきて路面は上がる傾向にありました。
スタート前のウォームアップラン中に小口選手がクラッシュ!サスアームが折れてしまいスタートをディレイ

15時15分頃レーススタートとなりました。




動画の見かた
ボディ色:黄色⇒関戸選手 白⇒丸山 赤⇒小口選手 緑⇒標選手 白/青⇒青木選手 濃いオレンジ⇒進藤選手 蛍光赤⇒中山選手 青⇒伏本選手 白⇒吉田選手 蛍光オレンジ⇒松本選手

Aメインギャップチャート

ギャップチャートのプロットが全然ボディ色じゃなくてスミマセン
15周ぐらいまでトップ4が3秒以内圏内で走行します。このヒートは私も走っていましたがこの15周までは結構精神的に厳しくてワンミスも許されない状況でした
しかしこの周回で青木選手がホイールナットトラブルによりリタイア
ナットのネジ山がナメてしまいタイヤが脱落してしまいました

22週目前後に1回目の給油
ピットレーンが広くない上に10名の走行でピットが一時混雑状態に!
関戸選手がこの渋滞に巻き込まれ、トップからギャップが少し広がります

この時のトップは私でしたが、後ろに間隔ができたことで少しクルージングペースに
このタイミングでギャップチャートを見ると3位の進藤選手のみが平行線で同じペースで走っていることが分かります。
他の選手は引き離していく展開に

2回目の給油直後はトップが全車ラップ状態に

2回目の給油後に明らかにトップのペースがおかしくなっています
えぇタイヤが壊れました。左リアタイヤの接着面がすべて切れてしまいました…
運営とレース参加の2足のわらじでタイヤローテーションはおろか、タイヤの接着チェックすらできていなかったので…

1周差あったギャップが見る見るうちに減っていっているのがギャップチャートから分かります
そしてラスト3周で進藤選手がトップに!
焦った丸山選手はスピンして自爆 関戸選手が2番手に!
そのままチェッカーとなりました。


電動ツーリング決勝

 
電動ツーリング決勝R1

電動ツーリング決勝R2

電動ツーリング決勝R3

電動ツーリングトータルポイント

今回初の試みその2ということで電動決勝3ラウンド制としました
エンジンツーリングがCメインまでの3レースとなり、その間に電動走らせればいいんじゃ!という発想ですが…w

決勝R1、R2と中山選手が選手したためR3を前にしてチャンピオン決定となりました
ベストラップを見ても他の選手を圧倒していますね

最終リザルトを見ても分かる通り、トップが離れても2-4位がすごく近い
みたいなレースが展開し、最後まで2位争いのポイントが分からない面白いレースとなりました。



 ということでレースはすべて終了

エンジンツーリングトップ3

電動ツーリングトップ3

※丸山は章典外

上位入賞な方々!おめでとうございます!
ただ皆様楽しまれたようで、今回のレースやってよかったなぁと思った次第です

抽選会も協賛メーカのご協力やBRCサーキットからのご厚意があり沢山あつまりました!


今回はレースの企画から、事前準備、進行等々実況以外のいろんなことをやりましたが貴重な経験ができたと思います
(実況は前日の模擬レースで圧倒的に向いてないことが分かったのでパス)

忙しかったけどそれ以上に参加者の皆様が楽しそうにレースをしているのを見ると嬉しい気分になれました


今度はメーカの冠レースとかできたらいいなーと思っていますが、ともかくまた参加して頂けるよう尽力していきますので今後とも宜しくお願いします!










2017年11月8日水曜日

BRCレースエントリー状況更新その②

BRCサーキットブログへエントリー状況更新&タイムスケジュールが追加されています!
参加者の皆様
また参加を検討している皆様
ご確認宜しくお願いします!

電動は3ヒートのポイント制に使用としてみたところ
例えばエンジンとダブルエントリーしている人が


エンジン予選結果がBメインで勝ち上がりを決めると

エンジンBメイン⇒電動決勝R2⇒エンジンAメイン⇒電動決勝R3
という40分連続で操縦台にいるという楽しい状況になってしまうことをさっき気づきました…
前日アンケートを取ってレース形式を決めようと思います。


明日明後日と出張で家にいないので次の更新は土曜日の前日になりそうです。
エントリーが爆増しない限りこのタイムスケジュールでいけるはずですが…




さて自分用todo

エンジン:レシーバー、ステアリングサーボ積み替え、タイヤ接着

電動:ポンダー移設、レシーバー、ステアリングサーボ積み替え、ボディ塗装、タイヤ接着

むむむ…やりきれるのか…

2017年11月2日木曜日

インファーノGTボディ

とりあえずコルベットにて製作完了
いつものカラーリングで手抜き仕様ですw

この配色は白と黒をスプレーで塗るだけであとはカッティングステッカーと自作のステッカーで作れるので良いですね

カットラインはかなり悩んでいます。
特にボディ下面はどこで切っていいのやら…

カットラインよりちょっと下で切っていますが、たぶんフロントリップは厚そう
シェイクダウンで要調整です

あとホイールアーチはφ98mmでカット
ココも干渉注意でシェイクダウンで確認しないと

ボディができるといよいよ大きさを実感しますね~

BRCレースエントリー状況更新


BRCブログより10月30日時点でのエントリーリスト更新されています!
また推奨タイヤのアップも完了しています。

推奨タイヤの購入に関しては只今手配中なので準備ができ次第また更新しようと思います!

2017年10月30日月曜日

BRCタイヤテスト


レースの推奨タイヤを決定するべく京商カップが延期になって暇になった今週末にテストしてきました。

丁度スカイの人たちも来ていて、タバタのミディアムBで走っていましたが
ノーグリップだった様子で気温的にもソフトなのかなぁと

ということでタイヤはソフトのBタイプ
インナーは去年の踏襲ということでパナ(ゼノン)のソフトAタイプからTRY
比較としてインナーを交換し(切開して)ゼノンのスーパーソフトAタイプを比較対象にしました。

結果は
パナソフトA:17L5:05.150
パナスーパーソフトA:17L5:04.910

5分走っても約0.3秒しか変わりませんでした!
マジでか…
ベストラップに至ってはどちらも17.71と百分の一秒まで同タイムです。


ただ走らせたフィーリングは結構違います
ソフト:グリップ感が薄くて、キッカケを作って滑らせて曲がる感じ
スーパーソフト:しっかりグリップしている感じ

ただ、テストした路面が
・土日雨が2週続けていて、誰も走っていなくて汚れている
・降ったり止んだりパラパラ雨が降ってた
・走行している人は全員で5台

グリップ感は薄い感じです。
レースの週の金曜日はグリップ剤を路面に撒くと社長が言っていたので
路面は上がっていると思います。

そういう意味ではインナーはソフトがマッチしているんじゃないかと思います。

ということでエンジンカテゴリーの推奨タイヤとしては
タイヤ:ZET-RTSB 1/10ツーリングラバータイヤ ソフトB
インナー:ゼノン PRI-AS PRモールドインナー タイプA ソフトマッチド
ホイール:kyosho 92012-8W エアロ24ホイル(15本スポーク)

電動は
タイヤ:ZET-RTSSA 1/10ツーリングラバータイヤ スーパーソフトA
インナー:チームボンバー TB10001 モールドインナーAタイプソフト
ホイール: ZAC ZET-DW1 1/10ツーリングディッシュホイル

と思われます。


ただ、このレイアウトでは16秒台後半のタイムが出るのに対してこの日は
17.7秒止まり
この日はセッティングがあまりイケてなくて仮に合わせこんだとしても17.3秒ぐらい?
残り0.5秒ぐらい路面の上がり代がありそうですが、ソフトでもハイサイドの可能性は無いと考えています。(コケたらごめんなさいいい)

推奨はこれで出しますが、来週末の路面の様子もウォッチングが必要そうです。

2017年10月22日日曜日

GT3組立て中 今週の進捗

今週末は台風のお陰で土日共にラジコンできなかったので組立てが捗りました!

取り急ぎ、エンジン以外はほとんど組立て完了

京商ワークス達が作り上げただろうMP9系を汲んでいるGT3はいろいろ凝ったつくりをしているんだな~と感心しながら組み立ててました。
デフケースの合わせ面に凹凸がありズレないような構造になってたり
Cハブのサスピンが通る所はブッシュ式でキャスターを変えれるようになってたり

ジオメトリーもゴムのタイヤを付けるラジコンだったらこうだよね!と思う部分も多いです。
セッティングを進めるのが今から楽しみですね

思ったのはM4ネジの多さ
M3のネジも20mm近くの長い物が多く
新組の時点でアルミネジを組めばよかったと思いました(汗)

アッパーアームとタイロッドのターンバックルをすべて鉄⇒チタンにするだけで
相当バネ下重量は軽くなりそう

そもそもが重いマシンですがそれでもシャキシャキ走れるように
いろいろ考えてみよう


さて、なんよ氏のブログを熟読して入れるべきオプションパーツは既に投入してみました。

これは必須の模様
標準はサーボセイバーが樹脂製
ハイスペックなサーボでないと確かに樹脂で逃がす必要がありそうでそういう思想で純正は樹脂なんでしょう(たぶん)
今回はKO製のいいサーボを導入しているのでアルミサーボセイバーでシャキシャキ動いてもらいましょう

これも純正は樹脂製
スプラインが一体になっている高級なホーンですね。信頼性高くてイイです。
スロットルホーンは複雑な形状をしていてブレーキング時に”しなる”ような形状をしています。アルミ化である程度カッチリしたブレーキフィールになるはず

ブレーキローター
純正ブレーキロータは…見た目が…
このブレーキローターは見た目がすごくいいですね!きっとよく止まるでしょうw


あと写真を撮り忘れましたが、ハードリアサスホルダーも適用してます。
オカマ掘られ対策です。

後買うものリストとしては
・エンジン(XR-Bがいいのか、XZ-Bがいいのか…)
・タイヤウォーマー(ハチイチサイズ)
・大きいセッティングボード(手持ちのセッティングボードにはタイヤが乗りませんでした!)
・燃料(ニトロ25%)
・長いプラグヒーター

あぁ出費が…




2017年10月19日木曜日

存在感半端ないやつ


結構前から目論んでいましたが、いよいよ私、GT3はじめます

以前から面白そうなカテゴリーだと思っていて
しかもGT3になってから抜群に良く走っているように見える

良い感じのセットみつけてサーキットでブンブン走れたら”あれ?GT3って結構いいんじゃない?”と思ってくれる人が増えれば嬉しいというところ

今のところの目標は年末に開催される京商グランプリに参加すること
で、日程を立ててみると

まぁなんとかなるかなというところ
天気が週末良いという前提ですが汗

京商グランプリが12/9-10なのかはまだ分からないので仮置きです。

取り急ぎ、なんよ氏のブログを読み漁っています
よく読むとなるほどな~!と思うことが多いです。

とりあえず取説となんよ氏セッティングを取り入れてシェイクダウンしたいと思います。

ボディ塗るのたいへんだなぁ…